教育方針・理念

学園教育方針

建学の精神「実学による人間性豊かな人柄教育を行う」

人柄教育とは

学力向上を目指し、特技を磨き、資格取得に挑戦するのは当然であるが、人間性豊かで社会に貢献できるあいさつ・言葉づかい・礼儀作法などの基本的生活習慣は、機会をのがさず徹底して指導します。

その場にあった行動ができる人間に育てる努力をしています。

教育理念 「神村学園はやさしさにあふれ、躍動する学園」

  1. 感動を求め、感性(情緒・感受性)豊かな人柄を育てる。
  2. 思いやり、やさしさにあふれ、謙虚な人柄を育てる。
  3. 社会に貢献し活力ある人材を育てる。(一生懸命、人や社会に役立つ人間 )
  4. 高い専門知識、国際感覚を備えた人材を育てる。

園訓

園訓(元気な子・考える子・やさしい子・素直な子・落ち着きのある子)

沿革

  • 昭和45年4月より高等部の敷地内に、定員120名の認定を受け設置された。
  • 昭和47年から高等部保育科の実習園となる。
  • 昭和54年9月に現在地に鉄筋2階建て、職員室、給食室、教室7教室、リズム室を設立された。
  • 平成19年4月より、幼稚園の隣に、専門学校保育学科を設立される。
  • 平成27年、こども学科の跡地に、幼保連携型認定こども園 保育部門(0歳~2歳)を建設。
  • 平成28年、幼保連携型認定こども園 神村学園附属幼稚園となる。

全国、県内でも少子化に伴い園児減少は、本園でも毎年危機感を痛感するところである。
子どもを預かる中で、安全対策のため、様々な所に防犯カメラ、ブザーを設置し、安全対策に十分配慮している。固定遊具についても定期的に安全点検を行い、迅速に対応している。