コース紹介

文理コース

進学に特化した独自のカリキュラム

 

 

文理コースは6年間で大学進学を目指すコースです。志望校に合格するためには合格に必要な学力を身につけることと,現状を把握して改善していく力が大切です。授業の進捗や考査,模試の結果に応じた軌道修正を適切に行うために,生徒,保護者,学校のコミュニケーションを何より大切にしています。

 

図

POINT1学習の管理

生徒一人ひとりの課題は異なります。よって日頃から生徒の学習状況を把握しておく必要があります。毎週行われている週テストや学習管理手帳(フォーサイト)を使って担任,教科担当が家庭学習の取り組みや考査・模試の成績を責任を持って管理します。

 

POINT2 英語教育

「話せる英語」「使える英語」を重視した授業を展開しています。例えば外国人教師による少人数指導や校内での英語スピーチコンテスト,スキット大会の開催によって,お互いの英語力を高め合っています。
また,毎週金曜日を「English Day」とし,職員室での会話はすべて英語で行うようになっています。日常に英語を使う習慣を取り入れて使える英語の習得に努めています。

 

POINT3 本物に出会う3年間

建学の精神「実学による人間性豊かな人柄教育」にもとづき,実践活動を通しての学びを大切にしています。ボランティア活動で奉仕の精神や地域とのつながりを実感し,将来社会貢献するための力を養います。また,海外での語学研修を通して言語や価値観の違う文化の中に身を置き,グローバルに活躍するための真の国際感覚を育てます。

 

POINT4 深い学びを実現する探究活動

文理コース3年生は,高等部文理科1・2年生とともに探究活動を行っています。興味のある分野を選び,それぞれが問いを設定します。複数の文献の比較・アンケート調査・実験などの活動を通して自分なりの答えを導き出し,その成果をポスターやスライドにまとめて発表を行います。思考力や表現力が磨かれる活動です。

中高一貫の成果

特別能力コース

文武両道で日本一,世界一,プロを目指します

 

特別能力コースは,とにかく自分の得意なこと・好きなことでナンバーワンを目指すコースです。男子サッカー・女子サッカー・女子ソフトボール・吹奏楽の4つの強化部があり,高い目標を持つ仲間たちとともに,競技に集中できる環境が用意されています。また,「週テスト」を毎週実施し,文武両道を実現します。

特別能力コース
特別能力コース

POINT1恵まれたスポーツ環境

サッカー専用人工芝グラウンドやソフトボール専用グラウンド,雨天練習場やトレーニングルームを備えており,本格的な環境で毎日の練習を行うことができます。

POINT 2 文武両道のためのカリキュラム

トップアスリートを目指し,集中して技術力向上に取り組めるように授業を組みながら,基礎学力を身につけさせるための「週テスト」の時間など大学進学にも対応できるようなカリキュラムで,文武両道を実現します。

 

 

全国制覇を目指す部活動の大会実績

≪男子サッカー≫
KFA第48回鹿児島県中学U-14大会・・・優勝
KYFA第34回九州中学U-14大会・・・優勝


≪女子サッカー≫
第25回九州U-15女子サッカー選手権大会・・・優勝
第25回全日本U-15女子サッカー選手権大会・・・ベスト16


≪女子ソフトボール≫
鹿児島県中学生女子ソフトボール大会・・・優勝
第31回全九州中学校選抜男女ソフトボール大会・・・優勝


≪吹奏楽部≫
第22回カラーガード・パーカッションコンテスト・・・金賞