第30回全国高校駅伝大会 高等部女子駅伝部が女子として鹿児島県勢では初優勝!(平成30年12月23日)

12月23日(日)に京都市内で行われました「第30回 全国高校駅伝大会(女子)」にて、当校女子駅伝部が初優勝を果たしました。

1区の主将の平田歩弓選手(高等部3年)がトップと38秒差の6位でたすきを渡すと、2~4区の1年生がそれぞれトップに離されないようくらいつく快走を見せ、5区のカマウ・タビタ選手(高等部3年・ケニア人留学生)へとたすきを繋ぎます。

仲間達の健闘を胸に、最終区を任されたタビタ選手は5位から4人を抜く圧巻の走りで2.7キロ時点でトップに立つと、その先もリードを広げて独走。
最終的に2位に26秒差を付け、笑顔で両手を天に掲げてゴールテープを切りました。

今大会は、第30回目となる記念大会で、女子として鹿児島県勢では初優勝となります。
25回目の出場にしてついに掴んだ悲願の栄光。新たな歴史の1ページを刻むこととなりました。

NHKにてTV中継もあり、全国の皆様にたくさんのご声援をいただきましたこと、心より御礼申し上げます。

また、来年以降もこの栄光のたすきを繋いでいけますよう、生徒たちは日々練習に打ち込むことになります。

今後とも温かいご声援・ご支援のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

(2018.12.24更新)